ニキビやシミなど気になる肌トラブルも改善!顔脱毛のメリットとは

顔脱毛したいけど、ニキビがある・・・。そんな時は脱毛は避けた方が良いのか、脱毛しても良いのか・・・不安ですよね。

顔のしみ・しわ、そばかすがある場合の顔脱毛についての情報をまとめました。

ニキビがあるときの顔脱毛はできるのか?

ニキビがあっても顔の脱毛は可能なのかという質問をよく耳にしますが、正直な話、肌の調子を整えてから脱毛を行うことをおすすめします。レーザー脱毛は特に肌に負担がかかりにくいと言われていますが、負担が0なわけではありません。

ニキビ跡程度なら問題ありませんが、肌荒れしている時に脱毛してしまうとより悪化してしまう可能性があります。顔は油も出やすく、汚れた髪も触れるのでどうしてもニキビができやすくなってしまう箇所です。

顔は一番目立つ場所なだけに、無駄毛やニキビの気になる場所ですね。無駄毛も気になるけれどニキビもひどいという場合、剃刀で剃るのは絶対止めておいた方がいいです。

傷つけると悪化しますし、周囲にまで菌が広がって、余計に肌あれがひどくなってしまう可能性が高いです。しかし、無駄毛がにきびの原因になっているいうことも十分考えられます。にきびは、毛穴に汚れが詰まってこれを菌が餌にするために起こる炎症です。

ニキビを避ければ他の部分には施術が可能

脱毛してしまえば、毛穴も小さくなるため汚れもたまりにくくなり、顔の皮膚のためには良いのです。ただ、にきびがたくさんできている時に顔脱毛してしまっても大丈夫なのでしょうか。

これに関しては、部分的にニキビができている状態なら、そこは避けて他の部位から脱毛することは可能です。

悪化してしまっている場合はニキビの治療が優先

しかし、全体的に広がってしまっている場合、レーザーで刺激するため、悪化させてしまう可能性は十分考えられます。ですから、脱毛するならまずにきびを治療してからという話になりますね。

実際美容クリニックで相談してみても、おそらくそういう判断になることが多いでしょう。ちょっと時間はかかるかもしれませんが、治療してから脱毛に進むとその後の肌荒れの心配が減りますから、結局は両方の悩みを解消できることになるのです。

脱毛によるトラブルには注意

顔の脱毛トラブルには充分気をつけましょう。男女ともに美意識の高まってきている昨今、産毛や眉毛、さらにはひげ等、顔の脱毛を考えているという方も多いのではないでしょうか。しかし、そこには思わぬ落とし穴やトラブルが待っているかもしれないのです。

光やレーザーを使った技術が施されることの多い顔の脱毛トラブルで最もよく聞くのが、「肌荒れ」です。レーザーを顔に当て、その光よる熱で脱毛を行うわけなのですが、顔の皮膚は他の場所と比べて敏感で薄く、特に肌が弱い人は赤く炎症を引き起こしてしまう可能性がありますので注意が必要です。

脱毛後のお肌はいわゆる軽度のやけどのような状態になっているため、やや赤みを帯びるケースは多いのですが、それがなかなか治まらず、ヒリヒリとした痛みを伴うようであれば、直ぐに皮膚科や専門のクリニックなどを受診したほうがいいでしょう。

悪化したまま放置しておくと跡が残ってしまうという場合もありますのでお気をつけ下さい。また、施術してもらうエステサロンは事前にカウンセリングを受けることができるところを選んだほうが安心です。

インターネットを使ったり、親しい知人などから話を聞いたりして、信頼できるかどうか、トラブルに合わないようあらかじめよく調べておくことが大切です。

注意!
脱毛後の痛みやヒリつきが治まらないようなら早めに医療機関などにいき受診しましょう。

顔脱毛でニキビ跡までケアしよう

顔脱毛をしながら、ニキビ跡までケアすることができます。通常顔に対して施術を受けるとなると、刺激を気にしてしまいます。しかし、今流行りの光脱毛ならニキビ跡やしみ、くすみを改善させることができます。

顔は皮膚の薄い部分です。自己処理を行うと角質まで削り取ってしまい、色素沈着の原因になったり、炎症を起こしたりすることがあります。これは脱毛でも剃毛でも同じであり、刺激を与えることに変わりはありません。

しかも、短期間のうちに処理を繰り返すことでダメージを蓄積させてしまい、大きな負担となって皮膚への影響が現れ始めます。それまでの自己処理によって影響を受けてしまった顔部分の皮膚ダメージを回復させてくれるのが光脱毛です。

光脱毛はニキビ跡の改善にも期待できる

照射される光には潤いを取り戻したり、ハリを蘇らせてくれる効果があります。新陳代謝が活発になって肌の生まれ変わりが促進されますので、ニキビ跡の改善にも非常に効果的です。光脱毛を受ける際の注意事項は、事前に日焼けをしないようにすることです。

黒いメラニン色素に反応する仕組みですので、日焼けをして皮膚が黒くなってしまうと照射することができません。施術後も同様に日差しを浴びないように気をつける必要があります。

ニキビを事前に防ぐケア方法

洗顔まではいかないにしても、あぶら取紙などを使用して油をふき取る事もとても重要です。とはいうものの過度な洗顔は避けましょう。朝と夜、一日二回の洗顔で十分です。水洗いでも構いません。ゴシゴシと擦るのではなく、水をやさしく顔に当てながら手でやさしく包み込むように洗いましょう。

水をふき取るときは綺麗なタオルを使用するようにします。また女性の場合化粧品にも注意が必要です。リキッドファンデーションとパウダーファンデーションを一緒に使っていませんか?これらを混合して使用することは肌にとってとてもよくありません。

使用している化粧品が肌に優しいものかどうか一度見なおしてみましょう。また家に帰ったらすぐに化粧を落とすようにしましょう。化粧中は毛穴がふさがれ肌の呼吸を止めてしまいます。その結果肌が余計な油を出しニキビへとつながります。

少しでもすっぴんでいる時間を長くするように心がけてください。ニキビがあっても脱毛をしたい方は、まず肌あれを治してからクリニックへ行きましょう。

お顔の脱毛後にしみを作らない3つの秘訣

 

お顔の脱毛をした後のトラブルのひとつが「しみ」。せっかくツルツルになったお顔に、適当なケアで直接お化粧したり、UVクリームも塗らず外出。それはそれは敏感なお顔に一発でしみを作ってしまいます。

こういう女性で意外と多いんです。特に脱毛後はいつもより入念なケアが必要となってきます。そこで、ここでは「しみを作らない」為に誰でも簡単にできる3つの秘訣をご紹介します。ここは怠らず、ツルツルお顔を持続させてあげましょう。

まずは何よりも「保湿」が大切

まず1つ目は、皆さんもよくご存じの「保湿」 脱毛後はこの「保湿」がとっても大切です。ではどうすれば良いのかといえば、いつも使っている化粧水でいつも使っている量の2倍以上を使います。

手のひらで毛穴に入れ込むように軽く押さえるようにたたきましょう。手のひらが吸着してきたらOKサインです。

日焼け対策をしっかりと行いましょう

2つ目は「UV日焼け対策」 日焼けが一番の大敵です。すっぴんで5分以上日光に当たったら「しみ」作成中だと思ってください。お手持ちのUVクリームで大丈夫です。夏だけではなく、雨の日でももちろん、一年中お化粧の時に組み込んでいきましょう。

緑黄色野菜を食べて栄養摂取を心掛けましょう

3つ目は意外や、体の中からということで、イコール、サビを作らない為に「緑黄色野菜」を毎日たっぷりと摂りましょう。普通にスーパーなどで見かける季節の野菜がおすすめです。

緑黄色野菜は抗酸化成分がたっぷりと含まれていますので、ツルツルお顔を持続させてくれる嬉しい食材です。

顔のシミと脱毛の悩みはエステサロンで解消

40歳を過ぎると、顔のあちこちにうっすらとしたシミやそばかすが目立ち始めるようになるので、顔全体がくすんだ印象になります。

するとファンデーションのノリも悪くなってしまうので、もっと透明感のある明るい肌になりたいと思うなら、エステサロンへ行ってフェイシャルケアを受けるしかないでしょう。美白化粧品でシミをなくそうと思うと、長い時間がかかりますが、エステならもっと早く結果を出せるので試してみてください。

顔のくすみの原因はシミ以外に、産毛が多いということが考えられます。産毛は非常に細い毛なので、目立たないように感じますが、量が多いと肌を暗く見せてしまうので、プロに脱毛を任せて、ツルツルのお肌にしてもらった方が良いでしょう。

カミソリを使って自分で剃ると、大切な肌を傷つける危険があるので、それが嫌なら光脱毛の施術を受けるようにしましょう。エステサロンでフェイシャルケアや顔脱毛を行うと、かなりの料金が取られそうなので、なかなか申し込めないと思っている方もあるかも知れませんね。

しかしサロンでは定期的にさまざまなキャンペーンを行っているので、それを利用すれば、かなり安い料金で施術が受けられます。顔のシミと脱毛の悩みはエステサロンで解消するようにしましょう。

顔のしわを取りながら脱毛する方法

顔についたしわを取り、脱毛したいけどどうすればいいのかわからない。しわや脱毛についてのノウハウがあればこれらの悩みはすぐに解決します。最初にするべきことはこれらについての知識を知り、その知識に合った形で顔の綺麗にしていきましょう。

しわができる原因は、血液の流れがよくないという理由にあります。表情筋は勿論筋肉ですので血液がうまく流れないと筋肉は使えなくなり、たるんでしまいます。そのたるみがしわの元になるのです。

ですからまずするべきことは顔の血液の流れをよくすることにつきます。具体的な方法はまず手のひらを顔に当て、時計回り、反時計回りと回していきましょう。おでこ、あごも同様に筋肉を意図的に大きく動かすことがポイントです。

脱毛についてのコツはあまり毛に刺激をあてないことを意識しましょう。顔の皮膚は他の皮膚よりも敏感なため、女性でも毛が伸びてきます。ですので丁寧に脱毛することがポイントになります。

具体的には、お風呂あがりや蒸しタオルで顔を温めた後、クリームを使って剃っていきます。この時注意しなければいけないのが「同じ場所を何回もそらない」ことです。刺激を最低限に収めて剃るように心がけましょう。

顔脱毛はそばかすがあっても施術ができる

女性はほとんど毎日化粧をします。顔の産毛は化粧ノリを悪くするので、毎日化粧前に剃っているという人も少なくありません。しかし産毛は剃ったらその分だけ太い毛が生えてきてしまいます。徐々に毛が太くなって大変なことになってしまいます。そうならないように顔脱毛がおすすめです。

顔脱毛は体の脱毛と同じで、専用のジェルを塗って光を照射します。その際、そばかすなどちょっとした黒ずみがあると、そこに毛が生えていると機械が思いこんで強く光を照射してしまうので、そばかすの上には専用のテープを貼って肌を保護します。

そばかすがあるからといって施術を受けられないわけではないので安心してください。最初のカウンセリングの際に担当者と話して不安を解消しておいた方が良いでしょう。

産毛はもともと毛が細いので、まったく生えてこない状態にするには時間がかかります。根気よく施術を受ける必要がありますが、綺麗になれば肌のトーンもアップして見えるので美肌効果もあります。

顔が綺麗になったら全身のプランもやって完璧にしてしまいたいと言う人がよくいますので、できれば最初から全身のプランに顔のプランを追加して一気に脱毛してしまうのが一番良いでしょう。