背中脱毛の痛みやトラブルにはどういうものがある?

夏になると背中がオープンなファッションをしたり、水着を着る方もいると思います。そこでオススメなのが背中脱毛です。

初めて背中脱毛をする上で気になる実際の痛みの様子、トラブルはあるのか、エステでの脱毛についてや、かゆみについてなどの情報をまとめました。

背中脱毛は痛みが強い?

脱毛は痛みが伴うというイメージを持っている人も多いと思います。以前主流だった方法は「ニードル脱毛」と言って、毛穴ひとつひとつに針を刺して行っていたため、耐えられないような痛みがおもないました。

しかし最近主流の方法は特殊な光を使って毛根を破壊することでムダ毛の再生を抑えるため、ぱちっとした刺激を感じる程度です。

刺激の感じ方は個人差があり、少し痛いと感じる人もいれば、全く痛くなかったという人もいるほどです。基本はムダ毛が濃く密集しているような部位は刺激を感じやすいと言われておりワキやデリケートゾーンは痛みを感じやすいと言われています。

では背中はどうでしょうか。背中は最近人気の部位で、ワキと合わせて脱毛を受ける人が増えています。背中のムダ毛はワキほど濃くなく、広範囲にわたってムダ毛が生えていますがそのほとんどが産毛状です。細くやわらかい毛が多いので、それほどの痛みを感じることはありません。

しかし背中の色素沈着が進んでいる場合は刺激を感じることもあります。光はメラニン色素に反応するため、色素沈着が進み過ぎている肌には当てることができません。色素沈着が気になるようなら、カウンセリングの際に相談してみましょう。

背中脱毛の自己処理について

背中は直接見ることができませんし、自身でどのくらいムダ毛が生えているのかを把握するのは難しくなっています。どうしてもムダ毛が気になる場合は家族などにチェックしてもらうという方法がありますが、それによって初めて背中のムダ毛の濃さを実感する人も多いでしょう。

もちろん背中は普段あまり見せることがないため、自己処理をしている人も少ないとされています。しかし、ドレスや水着などを着る時にはこの部位のムダ毛が気になりますし、しっかりと脱毛をしておくと良いでしょう。

また、結婚式前に全身脱毛を受けるという人も多く、背中のムダ毛をしっかりしておくことでセクシーさをアピールすることができるのです。ちなみに、カミソリを使ってムダ毛を自己処理しているという人もいるかもしれませんが、除毛クリームを使用した方が簡単に処理することができます。

除毛クリームを背中に塗った後はしばらく放置し、後は水やお湯で流すだけです。浴室などで鏡を見ながら塗っていくことがポイントであり、カミソリよりも安全性が高くなっています。

しかし、除毛クリームは肌が弱い人にはあまりオススメできないため、必ず事前にパッチテストを行うようにすると良いでしょう。

やけどや炎症などのトラブルと背中脱毛

エステサロンやクリニックでは、施術の際に細心の注意を払い脱毛を行います。初めて施術を受ける方には照射テストなどを行い、肌にトラブルが起きないように一人ひとりにあった施術を行ってくれます。しかし、一部の機関ではこのようなテストも行わず施術をしてしまう機関もあるようです。

ニュースなどでご覧になっている方もいるかもしれませんが、あるクリニックの施術を受けやけどや炎症などの症状を引き起こしてしまい、訴訟問題になっているところもあります。施術を受ける方の中には結婚式などの特別な日に向けて背中の施術を受けている方もいます。

そんな方が雑な施術をされたことで人に見せることができないような背中になってしまう場合もあります。このようなことがないように、施術を受けるエステサロンやクリニック選びは重要です。

このようなトラブルを避けるためには信用できるところで施術を受けることが大切です。安心して背中などの脱毛が受けられるとこは、まずカウンセリングがしっかりとしています。

そのような施術を受けるのか、どのようなリスクがあるのかなど様々なことをしっかりと説明をしてくれます。また、人気や評判のいいところを選ぶことも大切です。多くの人が認める場所はそれなりの理由があります。

エステで背中脱毛は違いを確かめてから!

背中の毛は気になっても、自己処理はとても難しいです。何と言っても範囲が広く、自分の手が届かなかったりします。そして、鏡を見ながら脱毛するにしても、鏡が2枚必要だったりして、なかなか大変な作業になるでしょう。

実際には背中の毛というのは髪型や服装によっては全然目立たなかったりします。しかし、夏の薄着の時や、髪をアップにしたり、すごくショートにしたりすると、結構目立ってしまうこともあるものです。それで、背中の脱毛にかなりエネルギーを使っている女性もいるでしょう。

そのような場合、エステで脱毛の施術を受けることも検討してみましょう。背中は面積は広いですが、大体6回くらいを目安に通うと、満足される方が多いようです。そして、最近では料金もかなりお得になっています。

料金的にはそのエステによって違いがあります。うなじと背中の上部だけにするのか、下部も脱毛したいのかによっても料金には違いが出てきます。

ですから、気になるエステがあれば、ネットで料金をよくチェックし、そして、キャンペーンなどもチェックしたらよいでしょう。WEB予約をすると、お得になったりする場合もあるようです。

また、アフターケアについてもよく調べてみましょう。そして、お得に、脱毛の施術を受けましょう。

脱毛後の背中などにあらわれるかゆみ

全身脱毛の施術を行っている期間中には、体のあらゆる場所にかゆみが出てしまうことがよくありますが、特に足や背中、腕などにかゆみが発生しやすく、脱毛の施術を受けた後の足や腕、背中と言った肌はとても乾燥しやすくなっています。

ほとんどのかゆみは乾燥が原因となっていることが多いです。背中や腕、足といった肌の表面には、バリア機能を持つ角質層という層があり、全身脱毛などの施術を行うと、角質層の構造が乱れてさまざまな刺激を感じやすい状態になってしまいます。

このように角質層の構造が乱れると、肌が乾燥し、かゆみを受けやすくなってしまいます。全身脱毛を行うエステサロンなどでは、このような肌の乾燥について理解をしていますので、施術後は保湿を行い肌が乾燥することを防いでくれます。

しかし、施術後日々の生活の中で脱毛を行った箇所などの保湿は必ず行うことが必要です。肌がかゆくなってしまったら、応急処置として冷えた濡れタオルや流水で冷やすことは有効で、決して爪などで掻いてはいけません。

掻いてしまうと肌の表面が傷ついて、次回からの施術が難しくなりますので、皮膚科を受診し症状を止める薬を処方してもらうことが必要になります。

背中の脱毛と生理について

背中の脱毛を始めたら、注意しておきたい事の一つが、生理の周期です。デリケートゾーンの場合、生理が始まると、施術が出来ない理由は、誰もが納得出来るでしょう。

それに対して、それ以外の施術も避けておいた方が良いというのは、理由が分からないという人も少なくないでしょう。

現在、脱毛の施術というのは、以前に感じて、痛みを感じないものとなってきています。ですが、生理中や、体調が悪い場合等、普段よりも皮膚が敏感になっていて、普段は痛みを殆ど感じない背中の施術であっても、痛みを感じてしまう事があります。

ですから、その期間は、施術を避ける方がお勧めです。毎月、同じ時期に始まる人であれば、その時期を避けて予約をすれば問題はありませんが、様々な事情で、始まる時期が変わってしまった場合など、早目に予約を変更する事が重要です。

この際、キャンセル料が発生するサロンの場合、背中であれば無理をすれば問題がないと考えてしまうひとは少なくありません。ですが、体の事を考えると、無理せずキャンセルがお勧めです。

生理不順になりやすい事が分かっている人の場合、キャンセル料が無料のサロンを選んでおくと、急に始まっても、体を優先させる事が出来ます。

てんかんの人は注意したい背中などの脱毛

近年主流のフラッシュ脱毛は、痛みもなく手軽な方法でむだ毛の処理ができることから多くの人に利用されています。肌に光を当てることによってむだ毛を抜け落とさせ、毛の生える組織に光が作用している為に次に生えてくる毛は弱って産毛のようになっていく方法です。

二か月に一度程度施術を繰り返していくことによってだんだんと生えにくくなる効果があり、完了させてしまえばむだ毛の処理がいらなくなるという便利さがあります。

脇や手足、腹や背中、顔やVIOラインなど全身にわたって施術を受けることができ、リーズナブルな価格で提供されていることから学生にも利用されています。

同じように光によってむだ毛を処理できる家庭用脱毛器もありますが、閉店時間を気にせずに好きな時間に自分のペースで誰にも見られることなく自己処理をすることができるメリットがある一方で、背中など自分の手が届きにくい場所は処理が難しいものです。

サロンなら、専門のスタッフによって自分の目では見えないうなじや背中、VIOラインなども安全にくまなく処理をしてもらえます。しかし、脱毛を受けるには注意点もあります。てんかんを持っている人は、電気によって光を発するフラッシュ脱毛を受けることができません。

万が一てんかんの発作が起きた場合、サロンはレーザー脱毛が行われている医療機関とは違って医師がいないこともあるので断られてしまいます。

背中の脱毛でおきた訴訟事件

背中のむだ毛は意外と気になるものです。目に見える部分ではないので自分では気づきませんが、夏に背中の開いた服などを着た時に友人や恋人に、意外と毛深いなどと言われたりしてショックを受けるものです。

そんな時に永久脱毛を希望することがあります。施術方法にはいくつかの種類があり、現在エステサロンでも気軽に受けれるのが光脱毛です。しかしこの光脱毛には思わぬリスクがあるのです。肌ににホクロのある人が施術を受けて皮膚ガン(メラノーマ)になってしまったという事例が過去に実際ありました。

そしてエステサロンを相手に訴訟をおこし、裁判で皮膚がんとの因果関係が認められ賠償を受けました。またそのような訴訟をおこした人は少ない数ではないようです。家庭用の光脱毛の機器はサロンなどで使われるものよりも、レーザーの威力は弱いですがリスクがないとはいえません。

また、このような機器には実際の使用の歴史がまだあまりないため、現在は危険性がないといわれていても将来はリスクが認識されていく可能性もあります。皮膚科でもレーザー脱毛の施術を受けることができます。医療用レーザーの波長は赤外線ですので心配はありません。

医師の診察も受けれますし、不安な点についても質問できます。価格もエステより安いです。背中のむだ毛が気になる時には皮膚科に行ってみると良いかもしれません。

背中の脱毛と同時に脚も美しく

ムダ毛の処理はどの季節もたくさんの人を悩ませています。最近では女性だけでなく、男性でもムダ毛を気にする人が増えているようですね。特に、背中に関しては、脚などに比べて手の届きにくいところのあります。脱毛をしようと思っても、うまくいかないことが多いようです。

多くの人の関心が集まるムダ毛処理ですが、その方法には大きく分けて二つあります。一つ目は、家庭で行うセルフケアです。二つ目は、専門サロンなどで行う施術です。

背中の脱毛をセルフケアで行う場合のおすすめは、脱毛クリームを使ったものと脱毛テープを使ったものです。もちろん、慣れている方であれば、カミソリなどを使用してもかまいません。カミソリを使う場合には、皮膚を傷付けることがないよう注意するのが必要です。皮膚が傷付くと、炎症を起こしたり傷が残る可能性があります。

クリームを使用する場合は、背中にクリームを塗り、パッケージなどに記載のある説明書き通りの時間放置をし、その後洗い流します。脱毛テープを使用する場合は、背中に粘着性のあるテープを貼り、勢いよくはがします。

どちらもドラッグストアなどで手に入りますし、それなりに量が入っていますから、同時に脚のケアをすることがおすすめです。

さらなる高品質のケアを希望する場合は専門サロンへ行きましょう。背中の施術だけにそれほど時間はかかりませんので、同時に脚の施術を受けることをおすすめします。

背中のムダ毛を痛くない方法で脱毛するためには

人の背中には意外と鬱蒼としたムダ毛が生えているもの。しかし自分の目で確かめられないこともあって、その現状はなかなか把握できません。

こうした中で無理して背中の自己脱毛を行っても思わぬ肌トラブルを生むだけです。決して無茶することなくエステやクリニックでプロの脱毛士に処理をお願いすると良いでしょう。

背中はかなり広範囲に及びますので、手法的にはレーザーやフラッシュを用いた施術が最適です。これは専用機器から照射されるレーザーやフラッシュが肌の内部に埋もれたムダ毛のメラニン色素と反応してダメージを与えるという効果を持っています。こうして組織を破壊されたムダ毛は数日の内に毛穴からスルスルと抜け落ちていくことになるのです。

エステやクリニックの専門施術は痛みが伴うことも多く、そのために苦手とする人も多いようです。ただし、施術中の痛みは我慢せずに脱毛士にきちんと告げることで、麻酔クリームを使ったり、患部をこまめに冷やすなどの処置で痛くない状態を作り出してくれます。

さらに最近では技術の進歩もあり、全く痛くないレーザーやフラッシュの機器なども開発されていて利用者の人気を呼んでいます。エステやクリニックで採用している脱毛機器はどれも同じではなく、それぞれ全く異なる性能を持っています。そのため、痛みへの影響をきちんと確認してから決めることが大事と言えるでしょう。